家族水入らずの沖縄旅行

20年近く前になりますが、沖縄に家族旅行に行ったことがあります。
二泊三日の短期間でしたが、家族水入らずで楽しく沖縄を満喫できました。
中でも、ホテルでの居心地がよかったことを覚えています。
当然ながら観光ホテルですし、海のすぐ近くに立地していて、海水浴客の便宜をはかったものでした。
部屋も広く開放感があり、白をベースにした内装の色づかいも、沖縄の楽しさを増幅させてくれました。
ホテル内には沖縄料理を出してくれるお店が何軒かあり、沖縄そばやぶた料理に舌鼓を打ったものです。
大阪で食べる沖縄料理とは打って変わって、本物の沖縄の味はお見事でした。
いまだに、その味覚は舌にしっかりと焼き付いております。
ホテルのスタッフのかたも客には親切で、息子が誤って部屋のオートロックを締めてしまったときも、いやな顔一つせず、にこやかに開けてくださいました。
こんなところにも、観光地沖縄としての心構えができているな、と感じさせられたものです。
旅の楽しさはホテルで決まる、などと申しますが、沖縄に来てその言葉の正しかったことを知らされました。
今も沖縄と聞くと、あの白いホテルのことを思い出します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017ホテルスタッフのホスピタリティについて.All rights reserved.